デビットカードの延滞は信用性がなくなるのか

デビットカードで買い物をすると、延滞をしないように気をつけなければと感じる人がいるようです。しかし、デビットカードには、そもそも延滞という概念はありません。

例えば、口座に20万円が入っていたとします。デビットカードで15万円の買い物をした場合、リアルタイムで口座から15万円が引き落とされます。口座の残高は、5万円になります。このように、あたかもサイフに入っている現金で買い物をするように、口座から買い物をした分の代金がリアルタイムで引き落とされるようになっているので、支払い義務はその時点ではたしていることになります。

クレジットカードでは、15万円の買い物をしたら、翌月の指定日に15万円が口座から引き落とされるようになっています。このとき、口座に残高がなければ延滞という扱いになってしまい、信用性が低下します。信用性が低下すると、ローン審査などに影響して、マイホームを購入するときや、自動車を購入するときのローン審査で通らないといったトラブルにつながることになります。

デビットカードでは、リアルタイムでお金を支払っていることになるため、信用が傷つくというリスクはありません。クレジットカードのように、翌月のお金を前借りするというような使い方はできませんが、不便であるかわりにリスクも負わなくてすんでいます。しかし、実際に現金を手渡すわけではないため、ついつい買い物をしすぎてしまうという人もいるようです。計画的にお金を使うようにしましょう。
http://xn--t8j4aa4nyh9e1ajk0h8v.net/

Comments are closed.