オリックス銀行のカードローン、専業主婦と正社員で変わるポイントはある?

オリックス銀行のカードローンを作る上で必要なことは、安定した収入があることです。例えば同じ年収であっても、正社員である場合と自営業である場合では評価が異なります。たとえ高い年収であったとしても、自営業では審査が通らない場合があります。当然な柄専業主婦となると、オリックス銀行では審査は通らないものとなります。たとえ内職で商売により収入があったとしても、またそれが正社員以上の収入となるとしても同じです。それよりもたとえ給料は安くても、パートなりに勤めに出ていた方が審査が通ることになります。また、専業主婦は夫の収入がどれほど高いものであっても、やはり自分名義のカードローンは利用できないものです。そのために、どうしても自分のカードを作りたいと思うのであれば、勤めに出ることが必要となります。パートであっても週に何日かの出勤であっても、とにかく毎月きちんと給料が支払われることが必要というわけです。そうすれば、たとえ勤続数ヶ月であったとしても、審査に通ることになります。その数ヶ月の平均収入から年収を算出して、利用限度額なども決まってきます。一見厳しいようにも思えますが、これは極めて当然のことと言えます。カードローンの返済はあくまでも名義人本人が行うものです。そしてその本人に安定した収入源が無いとすれば、オリックス銀行では安心してお金を貸すことはできないわけです。そしてこの堅実な運営が背景にあるからこそ、金利が低いなどのメリットが生まれるわけです。

Comments are closed.